原因

痛風の約98%が男性である原因とは?

投稿日:

痛風は男性特有の病気です。その原因は?

痛風罹患者の男女別の比率の調査をした結果によると、

男性98.5%|女性1.5%

と言った非常に興味深い結果になりました。

つまり痛風は男性特有の病気である事がわかりました。

原因

痛風は男性に多い原因は、ずばり男性ホルモンによる血液中の尿酸値が、女性よりも高い影響が原因になっています。

痛風は、腎臓から尿酸がうまく排出されず、血液中の尿酸濃度が高くなる病気(高尿酸血症)の併発によって起きる病気です。

女性ホルモンには、腎臓から尿酸を排出させる働きに大きく関与しています。
具体的には、腎臓から尿酸を排出させる働きのあるたんぱく質(トランスポーター)の発現に、女性ホルモンが大きく関与していると言われています。

よって尿酸値の正常値の値としても、

男性:3.8~7.5mg/dL|女性:2.4~5.8mg/dL

女性は男性に比べて尿酸値の正常値の値も低めです。

この尿酸値の値が、7.0~8.0mg/dL以上の状態が長く続くと痛風発作が起きますので、そう考えれば、男性は正常値が女性よりも高い兼ね合いで、すぐにこの7.0~8.0mg/dLに到達しやすいのがわかります。

ただ女性であっても閉経後は女性ホルモンの分泌量が必然的に減ってきますので、痛風に対するリスクが男性に比べれば低いですが、帯びてきます。(その他、遺伝的病気や薬物による影響によっても発症します。)

前述したように、痛風発症の約98%が男性で、年齢的には40代前後のヒトが最も多いです。

男性女性ともに40代にもなると、仕事や家事や育児に伴う「お酒」「食生活」「ストレス」「運動不足」などの原因によって、痛風のリスクが高まってきます。普段から痛風および成人病を予防する為にも、自己管理をしっかりと行って行く必要があります。

-原因
-, ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.