治療薬

痛風を治す為の治療薬の紹介

投稿日:

痛風を治す為の治療薬について

痛風を治す為に必要な病院で処方される代表的な治療薬をご紹介致します。

痛風発作抑制薬

痛風特有の発作が起きる前兆(むずむず感やピリピリ感)を感じた時に服用する事で、発作を未然に防いでくれたり、発作の程度(痛み)を軽減してくれる効果があります。

【コルヒチン錠/塩野義製薬】

痛風発作治療薬

発作中に服用する事で、痛風の痛みを軽減してくれる効果のあるお薬です。

【ナイキサン/田辺三菱製薬】
【ニフラン/田辺三菱製薬】
【アルボ錠/大正製薬】

鎮痛消炎薬

発作中に服用する事で、炎症を軽減してくれる効果のあるお薬です。

【パラミヂン/武田製薬】

尿酸排出促進薬

腎臓で尿酸の再吸収を抑制して、尿酸の排出を促す効果のあるお薬です。

【ベネシット錠/科研製薬】
【ユリノーム錠/鳥居薬品】

尿酸生成抑制薬

プリン体を元に尿酸を作り出す為に必要な酵素の働きを阻害して、尿酸を作り出さないようにする為のお薬です。

【アロシトール錠/田辺三菱製薬】
【ザイロリック錠/グラクソスミスクライン】
【サロベール錠/大日本住友製薬】
【フェブリク錠/帝人ファーマ】
【トピロリック錠/富士薬品】
【ウリアデック錠/三和化学研究所】

まとめ

痛風治療薬に限らず、お薬全般に共通して言える事ですが、医師から決められた1回分および1日の服用量をきっちりと守って服用しなければ、下痢や腹痛などの副作用が起きる場合がありますので注意が必要です。

さらにお薬によっては、尿酸が排出させやすくなると同時に、尿中の尿酸の量が逆に増えて尿路結石が出来やすくなるお薬もあります。(よって十分な水分補給が必要になるお薬もあります。)

またお薬の効果で尿酸値が正常値になったからと言って、自己判断で服用を止めてしまうと再び尿酸値が上がってしまい、結果的に痛風発作が再発してしまう危険性が100%あります。
必ず医師の指導に基づいてお薬の服用の継続・中止を行うようにしましょう!

-治療薬
-,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.