原因

痛風の原因について

更新日:

痛風の原因物質は「尿酸」です。
(尿酸は遺伝子情報のDNAや、エネルギーの放出や物質の代謝・合成を司るATP(アデノシン三リン酸)が分解される事によって生じるつまり老廃物です。ヒトの体内で1日平均で0.6g程度の尿酸が作られます。)
なお血液中の尿酸値の正常値は、男性:3.8~7.5mg/dL、女性:2.4~5.8mg/dLとされていますが、7.0mg/dLを超えると血液中で結晶化しやすい傾向にあります。

尿酸は一般的に血液や体液の中に存在しながら体内を循環しています。
そして最終的には、腎臓の中で濾過されて尿として排出されます。
しかし何らかの原因によって尿酸が濾過されずに排出されにくくなってしまうと、血液中の尿酸値の濃度があがってきます。
すると尿酸は酸なので、ナトリウムの結晶となって、関節付近に溜まって、親指の付け根の関節の部分に突然激痛が走ります。(痛風発作と言われています。)

そしてさらに痛風の症状が進行をすると、皮膚の皮下組織にコブ(痛風結節)が出来たり、合併症として腎臓の中に尿路結石が出来ると、排尿時に激しい痛みや血尿が伴いだします。また腎機能の低下によって最悪、腎不全になって透析治療を行わなければ行けなくなる場合もあります。よって痛風と言えども放置をすると、侮れない非常に危険な病気な訳です。
(親指の付け根の関節が腫れて激痛が起き始めた場合は放置せずに、早期に病院に行く事をおすすめ致します!)

具体的な要素

痛風は以下の要素が原因となって起きる病気です。

遺伝的要素

両親からの遺伝的要素が少なからず関与しています。
単一遺伝子病(1つだけの遺伝子が痛風の原因となるもの)と、多因子病(単体での遺伝子の作用は弱いが、複数の遺伝子と、食生活などの環境的な要因が加わるもの)の2つの種類があります。

体系的要素

痛風の方の約60%が肥満傾向にあります。
肥満値が高ければ高い程尿酸値も高くなります。
つまり肥満の合併症が痛風と言う訳です。食生活と運動によって、少しでも標準体型になれるように努力をしましょう!

食生活的要素

肉は、プリン体が多く含まれています。
つまり肉食中心の食生活は、痛風の症状を加速させます。
また魚や海産物や果物もプリン体が含まれており、痛風のあなたは、食べすぎに要注意です。

その一方で野菜や乳製品は、痛風の症状を減らす効果があると言われています。
よって痛風の方は、極力お肉を控えて野菜中心の食生活を心がけるようにしましょう。

飲酒的要素

飲酒は尿酸値をあげる大きな原因の1つです。
飲酒によってアルコールを体内で分解する際に尿酸が作られるからです。
さらにアルコール飲料には、尿酸を作るもとになる「プリン体」が多く含まれています。
よって基本的には痛風のヒトは、飲酒はNGな訳です。

ただしアルコールの種類によってもこのプリン体を多く含むもの・少ないものがあります。
一番プリン体を多く含むアルコール飲料がビールです。(なのでビールの種類によっては‘プリン体50%OFF’‘プリン体50%カット’などの商品が販売されているのです。)
その一方で、焼酎・ウイスキー・ワイン・ブランデーなどの蒸留酒に関しては、プリン体が非常に少ないです。(もしくは殆ど含まれていないものもあります。)
日本酒に関しては、ビール程ではありませんが、プリン体がそこそこ含まれていますので、ビールとともにNGなアルコール飲料です。

ストレス的要素

ストレスは尿酸値をあげる原因になります。
ストレスを普段から溜めない為にも趣味を持ったり、お風呂に入るなどして、日常生活の中で、リラックス出来る状態を作っておく事が重要です。

運動的要因

激しい運動も一時的に尿酸値をあげる原因となります。
ただし運動自体は体にとってはよい行為なので、痛風に罹患しているヒトは、軽めの運動をしたり、水分補給を十分にすると言った工夫が必要です。

病気的要因

腎臓病や、血液の病気に罹患していると痛風になりやすくなります。
当然ですよね?腎臓や血管は、尿酸を排出させる為の重要な器官なので。

薬剤的要因

利尿剤/喘息/結核/頭痛治療薬にも尿酸値をあげる原因のお薬があります。
代表的なものが以下のお薬になります。

【利尿剤】ラシックス/フルイトラン
【喘息治療薬】テオドール
【結核治療薬】ピラジナミド
【頭痛薬】バファリン

-原因
-,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.