お酒 食べ物 飲み物 生活習慣

真夏に増える痛風の原因と対策について考える!

更新日:

あつ~い真夏になると特に痛風発作が起きやすくなります。その原因と対策について今回はフォーカスをしてみました!原因と対策を知る事で、あなたは痛風以外にも熱中症の予防にも繋がります。

対策方法を上手に取り入れて、暑い夏を快適に乗り切って行きましょう!

原因

真夏になると痛風発作が起きやすくなる原因は、汗をよくかく為に体内の水分が失われがちになります。
その為に尿酸値の濃度があがりやすくなる為です。

具体的な対策

真夏に起きやすい痛風を予防する為の具体的な対策をご紹介致します。

水分を多くとる

特に夏は汗をかきやすく、体内の水分が失われがちになる為に、普段以上に水分を多く摂取する必要があります。
1.5L~2L程度のお水を飲む事で、その分尿量が増えるので、尿酸が尿とともに排出されやすくなります。
(ただしその際の飲料は、ジュースやスポーツ飲料は、糖分やカロリーが気になるので、ミネラルウォーターか、お茶を飲んで、水分補給を行うようにしましょう。)

アルコールを控える

アルコールには利尿作用がありますが、腎臓から尿酸の排出を妨げる作用があります。
それと同時に、アルコールの毒素を分解する際にプリン体が多く作られます。
さらにビール自体にもプリン体が多く含まれています。
よって夏はビールなどのアルコールを沢山飲みたくなる衝動に駆られると思いますが、痛風のあなたは、控える必要があります。

プリン体を多く含む食品を控える

プリン体は体内で分解されると、尿酸が作られます。
よってプリン体を多く含む、「レバー」「大正エビ」「カツオブシ」「煮干し」「白子」「アンコウの肝」などの食品を控えたり、食事自体の食べる量を、腹八分目程度に控える必要があります。

アルカリ性の食品を積極的に摂る

尿酸は、アルカリ性の水分によく溶けるので、その分排出がされやすくなります。
よってアルカリ性の食品「野菜」「海藻類」。つまり海藻サラダを積極的にとる事をおすすめ致します。

有酸素運動

酸素を取り入れながらの運動(ウォーキング)などは、肥満予防にも繋がります。
何よりも肥満は痛風と相関関係にあります。

ウォーキングは、誰でもお金をかけずに行う事が出来る運動です。
痛風にお悩みのあなたは、是非毎日30分以上のウォーキングの習慣を身に着けるようにしましょう!

ストレス発散

ストレスは、尿酸値を上げる原因となります。
身体以外にも精神的にもよくありません。よって食べる事と買い物以外の、趣味に興じる事も時には重要です。(クラシックコンサート鑑賞や、陶芸教室や、絵画など。)

-お酒, 食べ物, 飲み物, 生活習慣
-, , ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.