生活習慣

痛風はプリン体による影響はわずか20%以下??

投稿日:

痛風のプリン体による影響をもう1度見直してみよう

食事から摂取するプリン体の過剰摂取によって起きると言われている痛風。
このプリン体に関して新たなる新事実が発見されました。

新事実について

その新事実とは?ビールなどのお酒や、肉や魚介類などの旨み成分に多く含まれているプリン体。
実は食事から摂取する事によって取り込まれるプリン体の量は、私たちの体の中で約20%であると言う事です。

つまり残りの80%近くは私たちの体の中で作られると言う事実です。
さらにプリン体を多く含む食品の摂取に対する制限を普段から心がけても、血中の尿酸値の濃度は、1.0mg/dl程度にしか下がらない事も判明しています。

プリン体から尿酸に代わるメカニズム

食べ物から摂取されたプリン体は、肝臓で分解される事によって出来る副産物です。
つまり尿酸は、プリン体を原材料に作られると言う訳です。

主にこのプリン体は、エネルギーの放出・貯蔵。または物質の代謝・合成に重要な役割を果たしているATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる物質がエネルギーとして使われた時に出来ます。

一般的に私たちの体の中では毎日約700mgの尿酸が作られています。
それと同時にほぼ同じ量だけの尿酸が排出される事で、痛風のリスクが回避されています。

しかし何らかの原因(具体的には、生活習慣病が起因している場合が多い)で、この尿酸の排出がうまく機能しなくなる事で、尿酸血漿濃度が7mg/dl以上の高尿酸血症状態になる事で、痛風を発症すると言う訳です。

対策

プリン体は、肉や魚介類やお酒などの加工食品など。普段私たちが食べている食品全般にわたって何がしら含まれています。

よって普段から尿酸値が高くて痛風にお悩みのあなたは、プリン体を多く含む食べ物。特に「高プリン体食品」と言われている、100gあたりプリン体が200mg以上も含まれている白子、ちりめんじゃこ、あん肝、干ししいたけ、レバー、干し海老、レバー、カツオ節などの、レバーや魚の干物や乾物は、当然控える必要性がありますが、

それよりも重要な事は、肉・魚・野菜をバランスよく食べる必要があります。極端な食事制限は、他の生活習慣病を招く原因となります。(もちろん食べる量を減らす必要もあります。)

よって痛風や高尿酸血症にお悩みのあなたは、

食事や飲み物に関しては、

1.煮汁は飲まない
2.塩分控えめの食事をとる
3.野菜を多くとる(1日の摂取量の目安は350g以上)
4.食事の量を減らす(低カロリーな食事)
5.カリウムを多く含む食べ物をとる
6.お水を普段から1日あたり1.5L以上摂取する
7.お酒は出来るなら禁酒

さらに生活習慣として

1.十分な睡眠をとる
2.入浴によってストレスを減らす
3.散歩などの有酸素運動を心がける
4.タバコは厳禁

以上の事に気を付けて尿酸値を減らす努力をして行く必要があります。
これらの生活習慣を実行する事で、痛風以外の生活習慣病に罹患している場合は、それらの病気もトータル的にケアをする事が出来ます。

理由は、上記のどの生活習慣の改善方法も、私たちの体によい方法ばかりだからです。

-生活習慣
-, , ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.