お酢

尿酸値を下げるお酢の働きと効果

更新日:

尿酸値を下げるお酢の働きと効果について

お酢には、尿酸値を下げる働きのある食べ物です。
その理由は、お酢は酸性の食べ物かと思いきや、実は体内に入る事で、アルカリ性に変化するからです。

さらにお酢にはクエン酸が豊富に含まれています。
このクエン酸が尿のアルカリ性を促進させて、尿酸が尿に溶けやすくしてくれる働きがあるからです。

お酢について

働き

ヒトの体は常に弱アルカリ性に保たれていますが、食生活の乱れや、飲酒やタバコやストレスなどの生活環境が乱れると、酸性体質に傾きやすくなります。
この傾いた酸性体質を、アルカリ性体質に戻してくれる重要な働きをしてくれるのがお酢と言う訳です。

またお酢にはクエン酸サイクルと呼ばれる重要な働きがあります。
それは、体に中に入ったお酢がクエン酸に変化をして、化学反応を起こしながら、また最終的にはクエン酸に戻ると言う働きです。この過程でATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギーを発生して、脂肪を燃焼したり、疲労物質である乳酸を除去してくれる働きがあります。

期待される効果

1.疲労回復

2.尿酸の排出

3.筋肉疲労の回復

4.体の酸化抑制(老化防止)

5.コレステロールの低下

6.ダイエット効果

種類

【黒酢】:玄米を主原料に発酵させて作られています。

【香醋】:玄米やもち米やコーリャンなどを加えて発酵させた中国版の黒酢です。

【きび酢】:さとうきびを発酵させて作られています。

【もろみ酢】:泡盛の酒粕から作られています。

【玄米酢】:玄米を主原料に発酵させて作られています。

【穀物酢】:麦や米やトウモロコシや酒粕を原料に作られています。

【リンゴ酢】:リンゴの果汁を熟成・発酵させて作られています。

【米酢】:米を原材料に作られています。

クエン酸を多く含むお酢のランキング

 100ml中(mg)
1位【もろみ酢】775mg
2位【黒酢】45mg
3位【米酢】4mg
4位【リンゴ酢】1mg

もろみ酢は、他のお酢に比べてずばぬけてクエン酸が多い理由は、発酵時の黒麹菌の働きの影響によるものです。
よって尿酸値を下げて高尿酸血症や通風の改善目的でお酢を摂取するのであれば、断然もろみ酢をおすすめ致します!

>>アミノ酸が黒酢の312倍!【肥後すっぽんもろみ酢】

>>黒酢もろみサプリ人気ランキング

-お酢
-, , , ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.