食べ物

尿酸値を下げる効果のあるヨーグルトについて

更新日:

尿酸値を下げる働きのある食べ物にヨーグルトがあります。では早速ヨーグルトの主な効果を見て行きましょう!

その前に腸内フローラについてお話をして行かなくてはいけません。

腸内フローラとは?

ヒトの健康や美容の鍵を握っているのが、腸内です。
腸内には数百種類合計600兆個以上の腸内細菌が生息しています。

この状態を顕微鏡で覗くと、まさにお花畑(英語でflora)と呼ばれる事から腸内フローラと名付けられました。

そして腸内フローラに生息している腸内細菌は、大まかに分けると全部で3種類あります。
それぞれの役割は以下の通りです。

分類代表的な菌主な働き
善玉菌・ビフィズス菌
・フェカリス菌
・アシドフィルス菌
腸内環境を整えて、免疫力を上げて、病気になりにくい体作りのお手伝いをしてくれます。
悪玉菌・黄色ブドウ球菌
・ウェルシュ菌
・大腸菌
便秘や風邪や肌荒れや、生活習慣病を引き起こします。
日和見菌・バクテロイデス
・ユウバクテリウム
・嫌気性連鎖球菌
普段は中立の立場ですが、善玉菌か悪玉菌のどちらかが優勢になった方に加勢する菌です。

以上の3種類の菌が私たちの腸内には存在しています。
理想的なバランスは、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われています。

そして生活習慣(飲酒・喫煙・睡眠不足・ストレス)や食生活の乱れによって腸内環境のバランスが崩れると、悪玉菌が優位な状態になります。すると便秘や風邪を引いたり、肌荒れを起こしたり、最悪、癌になったりします。
つまりそれほど腸内フローラに存在している腸内細菌たちのバランスは、非常に重要になってくる訳なのです。

ヨーグルトについて

ヨーグルトの効果について具体的に見て行きましょう!

ヨーグルトの効果

ヨーグルトに含まれている乳酸菌(善玉菌)には、この腸内環境をよくしてくれる働きがあります。
具体的には、腸内に生息しているビフィズス菌やフェカリス菌などの善玉菌の餌となり、善玉菌を増やして、悪玉菌を減らしてくれる働きがあると言う訳です。

主な効果としては以下のものがあげられます。

・免疫力を上げる
・便秘
・風邪やインフルエンザ予防
・アレルギー症状の緩和
・癌の予防
・口臭予防
・ダイエット効果
・お肌の調子を整える

痛風に対する効果

ヨーグルトに含まれているカゼインと言う成分は、体内でアラニンという物質に変化します。そしてこのアラニンが腎臓の働きをサポートしてくれる効果があります。
つまり腎臓の働きが活発になる事で、それだけ尿酸が尿から排出されやすくなるので、痛風にもよい効果があると言う訳です。

さらに痛風は腸内環境の悪化が原因によっても引き起こされます。
そう言った意味からも、ヨーグルトは腸内環境を整えてくれる働きがあるので、痛風予防に対しても有効な食べ物であると言う訳です。

おすすめのヨーグルト

痛風目的でヨーグルトを食べるのであれば、そんなあなたにおすすめのヨーグルトがあります。
それは2015年4月から販売されている『明治プロビオヨーグルトPA-3乳酸菌』です。
ドリンクタイプとヨーグルトタイプの2種類があります。

PA-3乳酸菌の正式名称は、[Lactobacillus(ラクトバチルス) gasseri(ガセリ) PA-3株]です。
このPA-3乳酸菌が、プリン塩基と呼ばれる構造を分解して、自らの体内に取り込む働きがあるそうです。

つまりPA-3乳酸菌は、プリン体を食べてくれる乳酸菌な訳です。
痛風や高尿酸血症のあなたには非常にありがたい事ですよね?

よって、痛風対策でヨーグルトを毎日食べるのであれば、プリン体に特化した明治プロビオヨーグルトPA-3乳酸菌を食べた方が効率的且つ効果的な訳です。

>>明治PA-3ドリンク【36本入り】送料無料!詳しくはコチラ

-食べ物
-, ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.