食べ物

痛風発作の抑制と予防には玉ねぎが効果的!

投稿日:

玉ねぎのスライスは、痛風発作の抑制と予防に効果的!

玉ねぎのスライスは、痛風発作による激しい痛みや炎症を抑えるとともに、痛風の体質改善効果もあると言われています。
早速玉ねぎに含まれている主な栄養素と効果について見て行きましょう!

栄養素と効果

玉ねぎには、ビタミンやミネラルや食物繊維などが幅広く含まれているお野菜です。

アリシン

玉ねぎに含まれているアリシンは、ビタミンB1の吸収促進や働きを、長時間にわたって助けてくれる働きがあります。
そのビタミンB1には、ブドウ糖をエネルギーに変換したり、疲労物質の代謝を促す働きがあります。
よって玉ねぎには、疲労回復・スタミナアップなどの効果があります。

さらにアリシンには、血液をさらさらにしてくれる働きがあります。
これによって、動脈硬化や心筋梗塞や脳梗塞などの成人病の予防。さらには、冷え性などにも効果が期待出来ます。

その他にもコレステロールや血糖値の上昇を抑えてくれる働きがありますので、高脂血症や糖尿病の予防にも効果的です。

また強い抗菌作用があります。よくカツオのたたきなどに薬味として、スライスした玉ねぎが散らされているのは、玉ねぎの抗菌作用を利用した食中毒の予防の観点からです。

ケルセチン

玉ねぎに含まれる色素成分ケルセチン。このケルセチンはポリフェノールの一種でフラボノイドに属する成分です。
ポリフェノールおよびフラボノイドは強い抗酸化作用の働きがあります。

よって風邪や癌の予防。さらにはアンチエイジングなどに効果があります。

食物繊維

玉ねぎには、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方の食物繊維が含まれています。
さらに腸内環境の働きを助けるオリゴ糖も含まれていますので、便秘予防や改善に効果があります。

まとめ

玉ねぎに含まれているケルセチンに、炎症を抑制する働きや尿酸の増加を抑制する働きがあり、これらの働きによって、痛風発作による痛みや炎症の軽減や、日常的に摂取する事で、痛風の予防効果に繋がると言われています。

食べ方および調理方法

痛風予防および生活習慣予防目的で玉ねぎを摂取するのであれば、食べ方や調理方法にも気を付けなければいけません。

血液をさらさらにしてくれる効果のあるアリシンは、薄く千切りにした後に水にさらすと、水の中に溶け出してしまいます。
よってどうしても苦味が気になる場合は、水ではなく酢にさらすのがおすすめです。

さらにアリシンは熱に弱いので、炒めものよりも、千切りサラダにしてそのまま生のままで食べるのがおすすめです。

またケルセチンは、中の実の部分よりも、普段は捨ててしまいがちな外の薄皮部分に多く含まれています。
油と一緒に炒める事でケルセチンの吸収率が高まりますので、スライスをしても生で食べにくい薄皮部分は、野菜炒めにして食べる事をおすすめ致します。

また1日の摂取量の目安としては、中玉ねぎ1/2~1個分を食べる事をおすすめ致します。

ただ食べすぎると、胃痛を引き起こす場合がありますので、その際は注意が必要です。

-食べ物
-, , , ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.