飲み物

尿酸値を下げて痛風にもよいコーヒー!その効果の理由とは?

更新日:

コーヒーには、尿酸値を下げて痛風にもよい効果があるようです。早速その真意を探ってみましょう!

コーヒーについて

コーヒーの効果や、痛風に対する効果について以下にまとめてみました!

効果

1.疲労回復

2.リラックス効果

3.利尿作用

4.パーキンソン病予防

5.大腸がん、直腸がんの予防

6.2型糖尿病(生活習慣や遺伝によって発症するタイプ)の予防

7.ダイエット

8.うつ病予防

9.アンチエイジング

10.覚醒作用(眠気覚まし)

11.肝機能効果

これらすべての効果は、コーヒーに含まれている「カフェイン」や、抗酸化作用の一種のポリフェノール成分「クロロゲン酸」の影響によるものであると言う事が、最近の研究による科学的実証(エビデンス)に基づいて判明しています。

尿酸値や通風との関係

ある実験によると、コーヒーを全く飲まないとヒトに比べて、コーヒーを1日4杯以上飲むヒトは痛風になるリスクが、4割程下がると言ったデータもあります。

ただし1日1杯~3杯まで飲む場合は、それほどリスクは変わりません。

さらにコーヒーには上記の効果でも明記したように利尿作用があります。
よって高尿酸血症や通風のリスクが高まる原因物質を排出してくれる働きがあります。

以上の理由からコーヒーには、尿酸値を下げて高尿酸血症や通風に対する効果が期待出来ると言う訳です。

副作用

その一方でコーヒーにはカフェインが入っているので、軽い依存症を引き起こす働きもあります。

さらに中枢神経が興奮状態になったり、血圧が上昇したり、利尿作用による脱水症状や、血中コレステロールを増加させる働きもあるので注意が必要です。

まとめ

尿酸値を下げて高尿酸血症や通風を予防したいあなたは、コーヒーの副作用のリスクを考えて、多くても毎日4杯にとどめて置いた方が無難です。

かと言って1杯~3杯だとコーヒーによる痛風改善の恩恵を受ける事ができませんので、毎日4杯を目安に!

さらに飲み方も、あくまでも趣向目的ではなく健康目的で飲むのであれば、ブラックで飲む事を強くおすすめ致します!
お砂糖やクリープやフレッシュは肥満や糖尿病のリスクに繋がる原因となります。4杯分に全部それらを入れて飲めばなおさらです。

どうしてもブラックは苦くてキツイと言う場合は、牛乳を入れて、カフェオレ風にして飲むのがおすすめです。
理由は牛乳に含まれている「カゼイン」と呼ばれる成分には、尿酸を腎臓から排出してくれる効果があるからです。

-飲み物
-, , ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.