漢方薬

痛風や高尿酸血症に処方される漢方薬

更新日:

痛風や高尿酸血症に処方される漢方薬についてご紹介します。

痛風は、プリン体を多く含む食べ物や、お酒を沢山飲む事によって、血中の尿酸濃度が7mg/dlを超える高尿酸血症が長く続く事で、関節内で尿酸が針状に結晶化されて、親指の付け根の関節部分を中心に、腫れや痛みを発症する病気です。

漢方薬も痛風対策で処方される天然のお薬です。

東洋医学の考え方

東洋医学では以下の3つの要素をもとに病気の原因を探り出します。

「気」目に見えないエネルギー
「血」血液
「水」体液(リンパ液や汗)

例えば病は気からと言うように、気が滞ると病気がちになったり、鬱病になりやすくなります。
そして血が滞ると、血液がどろどろになって詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を誘発しやすくなります。さらに水の巡りが滞ると、むくみや腎臓病になりやすくなります。

以上のような考えをもとに痛風や高尿酸血症を東洋医学の「気」「血」「水」に当てはめてみると、血の巡りが滞り、水がうまく代謝されにくい状態になっている事がわかります。

従って、血や水の巡りをよくする為の薬効成分を構成する漢方薬を使って治療して行きます。

漢方薬は、ドラッグストアーでも簡単に買う事が出来ますが、やはり漢方薬を処方してくれる専門医のいる病院で診察をして貰った方が、専門医があなたの症状に合わせて、数種類の漢方薬を的確にチョイスをしてくれます。(何よりも保険適用で3割負担になりますのでお得です。)

その一方で漢方薬は自然界に存在する生薬を使用していると言えども、副作用が出る場合がありますので、注意が必要です。(当然、副作用の症状が出た場合には、すぐに服用を中止する必要があります。)

以下に痛風や高尿酸血症によく処方される漢方薬をご紹介致します。

超婢加朮湯(エッピカジュツトウ)

超婢加朮湯の特徴についてです。

処方目的

関節の腫れや炎症や痛みを伴う時に処方される漢方薬です。
その他、口の渇き・多汗・尿の量の減少などにも処方されます。

構成生薬

石膏(セッコウ)、 麻黄(マオウ)、蒼朮(ソウジュツ)、 大棗(タイソウ)、 甘草(カンゾウ)、 生姜(ショウキョウ)

大柴胡湯(ダイサイコトウ)

大柴胡湯の特徴です。

処方目的

肥満体質で便秘がちなヒトで、さらに脇腹からみぞおちの間がはって苦しい症状の時に処方される漢方薬です。
その他、肥満や高血圧に伴う頭痛・肩こり・胃炎・神経症の治療などにも処方されます。

構成生薬

柴胡(サイコ)、半夏(ハンゲ)、生姜(ショウキョウ)、黄芩(オウゴン)、薬(シャクヤク)、大棗(タイソウ)、枳実(キジツ)、大黄(ダイオウ)

大防風湯

大防風湯の特徴です。

処方目的

冷えや大病の影響で体力が低下する事によって、関節に腫れや痛みや神経痛の症状がみられる時に処方される漢方薬です。
慢性的な関節痛と、体力を改善する為の漢方薬です。

構成生薬

地黄(ジオウ)、薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)、防風(ボウフウ)、蒼朮(ソウジュツ)、附子(ブシ)、杜仲(トチュウ)、羌活(キョウカツ)、川芎(センキュウ)、当帰(トウキ)、牛膝(ゴシツ)、乾姜(カンキョウ)、黄耆(オウギ)、人参(ニンジン)、大棗(タイソウ)

防風通聖散

防風通聖散の特徴です。

処方目的

お腹に皮下脂肪が多く、肥満・便秘解消目的で処方される漢方薬です。
その他、肩こり、動悸、むくみ、のぼせ、にきび、皮膚炎、湿疹などの皮膚病にもよく処方されます。

構成生薬

当帰(トウキ)、薬(シャクヤク)、川芎(センキュウ)、山梔子(サンシシ)、連翹(レンギョウ)、薄荷(ハッカ)、生姜(ショウキョウ)、荊芥(ケイガイ)、防風(ボウフウ)、麻黄(マオウ)、大黄(ダイオウ)、芒硝(ボウショウ)、白朮(ビャクジュツ)、桔梗(キキョウ)、黄芩(オウゴン)、甘草(カンゾウ)、石膏(セッコウ)、滑石(カッセキ)

麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)

麻杏薏甘湯の特徴です。

処方目的

関節痛・筋肉痛・神経痛の症状を伴う時に用いられます。
その他、いぼ・皮膚炎・湿疹にも用いられます。

構成生薬

麻黄(マオウ)、杏仁(キョウニン)、薏苡仁(ヨクイニン)、甘草(カンゾウ)

疎経活血湯

疎経活血湯の特徴です。

処方目的

血の巡りが悪い「瘀血(おけつ)」状態や、水分の代謝状態が悪い「水滞」に伴う、関節痛や神経痛や肩こり、手足の痛みやしびれの症状の時に処方される漢方薬です。まさに痛風にお悩みのあなたにベストチョイスの漢方薬と言えます。

構成生薬

薬(シャクヤク)、 地黄(ジオウ)、 川芎(センキュウ)、 蒼朮(ソウジュツ)、 当帰(トウキ)、 桃仁(トウニン)、 茯苓(ブクリョウ)、威霊仙(イレイセン)、羌活(キョウカツ)、 牛膝(ゴシツ)、 陳皮(チンピ)、 防已(ボウイ)、 防風(ボウフウ)、 竜胆(リュウタン)、甘草(カンゾウ)、 白芷(ビャクシ)、 生姜(ショウキョウ)

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

防已黄耆湯の特徴です。

処方目的

水滞に伴うむくみ・水太り・汗をかきやすいタイプのヒトに処方される漢方薬です。
(リウマチに伴う関節炎にも処方されます。)

構成生薬

防已(ボウイ)、黄耆(オウギ)、蒼朮(ソウジュツ)、生姜(ショウキョウ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)

-漢方薬
-, ,

Copyright© 尿酸値下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.