食べ物

尿酸値を下げて痛風にならない為の食事方法や調理方法

更新日:

尿酸値を下げて痛風にならない為の食事方法や調理方法をご紹介致します。

尿酸値を上げる原因物質のプリン体は、ほぼすべての食品に含まれています。
よって日常生活において全く摂取しない事は不可能に近いです。

ただし食事方法や調理方法などのちょっとした工夫によって、プリン体の過剰な摂取を抑える事は可能です。

食事方法

痛風を予防する為の食事方法をまとめてみました。

肉・魚よりも野菜を多めに摂取

プリン体は肉や魚介類に多く含まれています。
しかしお肉には、タンパク質(必須アミノ酸)やビタミンや鉄分が豊富に含まれており、貧血や風邪予防。疲労回復や肌荒れ予防に効果があります。

一方のお魚には、塩分を排出させる働きのあるタンパク質や、頭がよくなる「DHA」。血液をさらさらにしてくれる「EPA」。歯や骨をじょうぶにしてくれる「カルシウム」などが含まれています。

よってお野菜を中心に、肉や魚は少し控えめにするのが理想的です。
(理想的な割合は、お野菜5:お魚3:お肉2のバランスメニューを心がけるのが痛風には効果的です。)

さらに野菜の他に、きのこ類や海藻類も、尿酸を排出してくれる働きがあります。
尿酸値が高めで、痛風や高尿酸血症にお悩みのあなたは、積極的に摂取して貰いたい食材です。

早食い厳禁

早食いも、痛風にとってはよくありません。
理由は、早食いはゆっくりと噛んで食べた時に比べて満腹中枢が刺激されにくく、より大食いになる他、血糖値を急激に上げてしまいます。
すると今度は血糖値を下げようとして大量にインスリンが分泌されて、結果的に尿酸値を上げる原因となります。
よって食事はゆっくりと噛んで食べるようにしましょう。

糖分の過剰摂取

お菓子に含まれるショ糖や果物の果糖は、尿酸値を上げる働きがある事がわかっています。
甘いお菓子や果物の摂取はほどほどにするようにしましょう!

乳製品を積極的にとる

牛乳やチーズやヨーグルトは、プリン体が少ないアルカリ性の食品です。
よって痛風や、高尿酸血症にお悩みのあなたにはおすすめの食べ物です。
牛乳に含まれている「カゼイン」と「ラクトアルブミン」の成分が、腎臓からの尿酸の排出を促してくれるとされています。

調理方法

ちょっとした調理方法の工夫によっても、食材の持つプリン体を減らす事が出来ます。

プリン体は水に溶けやすい性質を持っている為に、ずばり焼くよりも、茹でたり、煮たりするなどの調理法がおすすめです。

お肉

焼くよりも、蒸したり、しゃぶしゃぶにしたり、肉じゃがにするのがおすすめです。
こうする事でお肉に含まれるプリン体を減らす事が出来るだけでなく、脂肪の吸収も抑える事が出来ます。

魚介類

お魚は、お刺身よりも煮物にして食べる事が望ましいです。
貝類(ホタテや牡蠣)や甲殻類(エビやカニ)に関しても、炒め物よりも、蒸したり煮たりする調理方法が望ましいです。
ただし煮物のだし汁にはプリン体が多く含まれています。出来る限り飲まないようにしましょう!

野菜

野菜の調理に関しても、最初にあく抜きや農薬除去の為に水に浸した後に、野菜炒めにするよりも、サラダにして食べたり、大根や、じゃがいもやカボチャを使った煮物料理にして食べた方が、野菜に含まれるプリン体の摂取量を抑える事が出来ます。

と言ってもお野菜自体には、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれており、尿酸を排出してくれるアルカリ性の食べ物です。
よって野菜の調理に関してはそれほど気にする必要性はありません。

-食べ物
-, , ,

Copyright© 尿酸値を下げるサプリランキング|痛風にお悩みのあなたは必見です! , 2018 AllRights Reserved.